スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenOffice.org

オープンソースで開発されているオフィスソフトです。マイクロソフトオフィスと高い互換性を持ち、WordやExcelなどで作成したファイルをオープンオフィスで開いて閲覧・編集することができます。逆に、オープンオフィスで作成・編集したファイルをマイクロソフトオフィスで開くこともできます。さらに作成したファイルをPDFファイルで保存したり、XHTML形式で保存したりすることもできます。操作方法は通常のマイクロソフトオフィスとほとんど変わりません。

 オープンオフィスにパッケージされているのは、次のソフトです。
 
  Writer(ライター)
 ● 役割 : ワープロソフト
 ● 対応 : Word:ワード (マイクロソフトオフィス)
 ● 機能 : ワードとほとんど変わらない操作感覚で文書作成ができます。
 ● ライターとワードの主な違い :
  ・ 表作成では、マウスで直接描く機能がない。
  ・ 表作成の並び替えができない。
  ・ 禁則処理の方法が異なる。
  ・ クリップアート・テンプレートの種類が少ない。
 
  Calc(カルク)
 ● 役割 : 表計算ソフト
 ● 対応 : Excel:エクセル (マイクロソフトオフィス)
 ● 機能 : エクセルと変わらない操作感覚で表計算ができます。Ver3.0から1,024列まで扱えるようになりました。
 ● カルクとエクセルの主な違い :
  ・ 関数はほとんど使えるが、ふりがな関数(PHONETIC関数)が使えない。
  ・ 関数の区切り記号が異なる(エクセルでは「,(カンマ)」だがカルクでは「;(セミコロン)」)。
  ・ 五十音順の並び替えができない。
  ・ グラフの種類が少ない。
 
  Impress(インプレス)
 ● 役割 : プレゼンテーション
 ● 対応 : PowerPoint:パワーポイント (マイクロソフトオフィス)
 ● 機能 : パワーポイントと変わらない操作感覚でプレゼンテーション資料を作成できます。
 ● インプレスとパワーポイントの主な違い :
  ・ インプレスでは表示できないアニメーションがある。
  ・ テンプレートの種類が少ない。
  ・ パワーポイント形式、PDF形式、Flash形式での保存ができる。

  Draw(ドロー)
 ● 役割 : 作図、図形描画ツール
 ● 対応 : 図形描画
 ● 機能 : マイクロソフトオフィスでは、各ソフトに機能の一つとして用意されているものが独立したソフトです。簡易CADツールとして、イラストの作成、レイアウト機能を使ってチラシなどを作成することもできます。作成した図形をWriterなどで使うことができます。
 
  Base(ベース)
 ● 役割 : データベース、情報管理ツール
 ● 対応 : Access:アクセス (マイクロソフトオフィス)
 ● 機能 : アクセスと変わらない操作感覚でデータベース作成、データ管理ができます。アクセスのデータはテーブルとクエリーの読み込みができます。
 
  Math(マス)
 ● 役割 : 数式作成ツール
 ● 対応 : マスエディタ

 オープンオフィスは、マイクロソフトオフィスとの共存も可能です。

ダウンロードはこちら
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WindowsXPVista7

Author:WindowsXPVista7
ようこそ

ブログへ


お気に入りの曲です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。